温泉タビガー

三姉妹で行く温泉旅行

私たち三姉妹は、「猫の子のよう」と言われるくらいにいつもそばにいます。もちろんそれぞれの生活はありますし、周りにいる友人たちも三姉妹それぞれにタイプが違う中にいるのですが、なぜか、いざショッピングや旅行となると三姉妹で計画をしてしまうのです。

 

三姉妹で行った初めての温泉旅行は伊豆下田の古びた温泉宿でした。今考えると、なぜここなんだろうと思うのですが、まだ若い私たちが贅沢できる精いっぱいがここだったのでしょう。

 

電車で伊豆下田までいき、地図を見ながら探し当てた温泉宿は、昔はきっと立派な旅館だったのかもと思わせる古い歴史を感じる建屋でした。階段の真ん中が少し凹んでいて、長い時間をかけてすり減ったのがわかります。

 

ぎしぎしいう階段を上ると右手に私たちの部屋がありました。ふすま間の部屋です。今思うとセキュリティの問題がたぶんにあったと思うのですが、そこは若さゆえ、田舎から出てきた世間慣れしない私たちは、ぎしぎしの音が怖いことだけが頭にあったように思います。

 

せっかくの伊豆ですから、一番の楽しみはもちろん温泉です。少し薄暗い灯りの中で入ったこじんまりとした温泉は、他人同士だと少し狭い感じですが、三姉妹ではいるにはちょうどいい広さです。少しぬるめに感じましたが、おかけでなんという長風呂になったことか。私たち三姉妹に限らず女性の温泉旅行はお風呂が長いのは特徴のひとつかもしれません。
私たちもかなりの時間をここで過ごし、地元の言葉全開で楽しい時間を過ごしました。